クラウド版の「Mautic.com」でMA(マーケティング・オートメーション)を無料で導入する方法 (WordPress編)

Mautic Advent Calendar 2016 – Adventarの4日目はMautic Tokyo Communityの清野がお伝えいたします!

僕はWordPressのコミュニティでも活動しているWPerでもあるので、今回はMauticを導入する手引きとしてホスティング版のMautic.comの登録方法とログインして日本語化をおこないWordPressのサイトと連携するところまでを書きたいと思います。

Mautic.comの登録をする

mautic-26.jpg

まずはリンクからクラウド版のMautic.comにアクセスしましょう。

青い「Check out Mautic Cloud」と言うボタンをクリックします。

mautic-24.jpg

フリー版とプロ版を選択する画面に移行します。5,000人のコンタクト(追跡するユーザー)の制限などはありますが、お試しで導入するにはフリー版を使ってみるのがいいでしょう。

左にある「Start today」のボタンをクリックします。

mautic-22.jpg

こちらでは登録するプロフィールを入力します。

  • First name : 名前
  • Last name : 苗字ilable
  • Company : 会社名
  • Company size : 会社の規模
  • Country : 国
  • Your role : 役職
  • Company email : 登録メールアドレス
  • Phone number : 電話番号
  • Your interest in Mautic : Mauticの使用用途
    • Company (for yourself) : 会社用または自分用
    • Agency (for your clients) : お客様用
  • We value and protect your privacy. : プライバシーポリシー

すべて入力し終わったらチェックボックスにチェックを入れて「Next:Choose your domain」をクリックしましょう。

mautic-18.jpg

ここではクラウド版のMauticを使うためのドメインを取得します。希望のドメインを入力し、お好きなパスワードを入力したら右下にある「Let’s get started」のボタンをクリックします。

入力したドメイン欄の下に赤字で「◯◯ is not available.」と表示された場合は、すでにそのドメインが使われているということです。他のドメインを試してみましょう。

mautic-17.jpg

こちらの画面が表示されたら登録は完了しています。管理画面にログインするには「https:◯◯(登録したドメイン).mautic.net/login」のURLへアクセスしましょう。

登録したメールアドレスとパスワードを入力しログインのボタンをクリックしましょう。

Mautic.comを日本語に変更する

mautic-15.jpg

ダッシュボード(管理画面)を開くと英語の管理画面が表示されます。
英語に慣れてる方はこのままお使いいただけると思いますが、英語が得意ではない方に慣れない用語もでてくるので凄く難しく感じる釜しれませんので、日本語化ををおこないましょう。

mautic-15.jpg

まずは、画面右上の歯車のアイコンをクリックします。サイドバーが画面右端から現れるのでその中にある「config」をクリックして、設定画面に進みましょう。

mautic-8.jpg

設定画面の上から2つ目の項目である「System Default」のセクションにある「Default language」の設定を「Japanese」に変更します。
変更したら右上にある「Save & close」のボタンをクリックし、設定を保存してください。

mautic-3.jpg

設定の変更が終わっても英語の画面から日本語に切り替わりません。

右上にある自分のアカウントをクリックし中にあるログアウトを選択して、いちどログアウトしてから再度ログインをし直しましょう。
これによって先ほど設定した設定項目が反映されるようになります。

mautic-1.jpg

再度ログインしてみるとこのようにすべての項目が日本語に変化しているのが分かると思います。

「WP Mautic」を使ってWordPressと連携する

mautic-wp-3.jpg

WordPressの管理画面にログインし、サイドバーにあるプラグインの中の新規追加を選択します。
プラグインを追加のページに移動したら、検索窓に「WP Mautic」と入力し該当のプラグインをインストールし有効化しましょう。

mautic-wp-3.jpg

プラグインを有効化したら、サイドバーの設定の中の「WP Mautic」を選択し初期設定をおこないましょう。

mautic-wp-2.jpg

設定画面はこのようにシンプルなものになっています。
「Mautic Base URL」の中に先ほど登録した、クラウド版の「Mautic.com」のURLを入力します。
【例】https://◯◯(登録したドメイン).mautic.net

これでMauticの導入とWordPressを連携する設定は完了しました。
この時点でコンタクトを取得しクラウド版の「Mautic.com」に保存していくことができます。


いかがでしたか?すごく簡単にMauticを使ってMA(マーケティング・オートメーション)の導入をおこなうことができたのではないでしょうか?
実際にはここから設定をしていく事によってMAをおこなっていくのですが、まずは導入してみて試してみるのもよいのではないでしょうか?

実際の設定方法などはこれからこのブログでまとめていけたらいいなと思っています。
よい、Mautic Lifeを!

明日はmaki_sakiさんの「私が考えるMAが変えるWEB業界の未来」です。楽しみ!

フローと熟達の大切さ

IMG_3968

「Drive:The Surprising Truth About What Motivates Us」の日本語訳として2010年に発売された「モチベーション3.0、持続するやる気をいかに引き出すか」の中でフロー体験について触れられ、フローを通して熟達していく事に関して書かれており、とても興味深い内容でした。

フローまたはゾーンと呼ばれる体験について、僕も体験した事あるので概念をすぐに理解することができました。

フローとは (英:Flow)

ハンガリー生まれのミハエル・チクセントミハイが提唱された概念です。
フロー (心理学) – Wikipedia

フローとは「集中力は対象となるものだけに100%注がれ完全にのめりこみ物事がうまくいっている」精神状態をさします。
また、フロー体験をするには下記の要素などのステージセットも必要とされるようです。

  • 明確な目標
  • 即座に得られるフィードバック
  • 能力で十分に対応できる課題

本書では「仕事とは関連のない遊び」だけを楽しめて「人生の中で取り組む仕事」を耐え難い苦痛だとは考え難く、仕事と遊びの境界線は人為的な境界線が問題であるはずと書かれています。

本質を掌握することを拒否する体制や仕組みに問題があり、そのせいでエンゲージメントの欠如や熟練して上達することに対しての無関心を引き起こしているのでしょう。

フロー体験を通して、熟達する事を人生の価値体系として位置づけたい場合は、幼い子供たちが見本となります。
幼い子供たちの一日は、自分がしたい事で溢れてイます。喜びと好奇心につき動かされ「自分は何でもできる」と固定概念にとらわれる事はありません。

1つのフロー体験を経験すると、次は休むことなくまた次のフロー体験へと自分の興味のままに行動します。
周囲からのフィードバックを探り、そこから様々な体験を引き出そうとして、頭と体をフル回転させフロー体験を続けていくです。

そしていつしか大人になるにつれて「自分の行動が幼稚でなにか指摘されると恥ずかしい」と感じるようになっていき、熟練している達人のように振る舞っていくようになります。

僕も小さい頃は「お金がないから遊べない」「雨だから出かけても楽しくない」などと思いませんでした。
おもちゃがなければ手で拳銃を作り、雨が降れば汚れて良い服を出してもらい公園でビショビショになっていました。

チクセントミハイが「自然の法則は必然なので、好きなようにさせれば、子供たちはフロー必ず見つけ出す」と言っているように、僕らもそうで昔はそうであったのにいつしか忘れてしまったのでしょう。

心理的な事に目を向けて外発的動機ではなく、内発的なものについて書かれる本書はとても楽しいです。

余談

今日は54年ぶりに関東で雪が降ったとのこと。
僕の誕生月なので11月は特別な月なのですが、今まで雪が降ったことないなんて驚きです。

子供の頃みたいに雪だるまを作ろうと思います!

Mauticハンズオン#1 に参加 & 登壇しました

img_3828

東新宿にある株式会社NHNテコラスさんで開催された、Mautic Meetup Tokyoにて「CMS (WordPress )の連携について」という内容で登壇いたしました。

今回はハンズオン形式ということで、インストール版の導入方法やホームのセットアップ方法、資料のダウンロードを揉むと連携する方法などのセッションがありました。
WordPressの本を書いているという事もあり、今回はMauticのWordPress連携についてお話させていただきました。
無料の勉強会には珍しく参加率が8割を超えていて、内容も良い勉強会だったと思います。
今回はハンズオン形式だったので、定員が少なくキャンセル待ちも多くとてもニーズがある勉強だったと感じています。
まだまだ始まったばかりのオープンソースプロジェクトですし「ノウハウを共有する」というよりも、使い方を教える勉強会が必要だということも感じました。
Mautic Japan Communityでは引き続きハンズオンの開催も予定していますので、今回参加できなかった方はぜひ今後の開催情報お待ちください!

右目見えない病

先日、3度目となる右目見えない病が発症した。
「10分も経てば見えるようになるだろう」と思っていても、このまま見えなくなるかもしれない不安と戦うのは少々気が引ける。
1ヶ月前から予約していた家の近くの国立病院で診察を受けたが、別の病院で撮影したMRIの画像を見て「特に異常はないから問題ない。また見えなくなったら病院にきてください。 」と言われた。
「昨日の夜に見えなくなったのですが…」と僕が言うと「見えなくなってからすぐに来てください」と返された。
「いや…すぐに来たのですが」という言葉を飲み込んで、これは駄目だと思い病院を後にした。
初めて右目が見えなくなってから1ヶ月。2週間たち2度目がやってきて、それから1週間が経過し3度目がやってきた。
感覚が短くなっているのも少し怖いし、どの病院もまともに取り合ってくれないのにも不安を覚える。病院ではこれが普通なのだろうか?
ネットの有料サイトの診断では「緊急度レベル1 直ちに受診」と書かれており、適切な処置は緊急車受診らしいがどうしたものか…。

いいお医者さんを知っていたら教えてください。笑

無料SSLサーバ証明書「Let’s Encrypt」で常時SSL化しました

無料SSLサーバ証明書「Let’s Encrypt」を利用して、ブログを常時SSL化しました。
導入はすごく簡単だったのですが、httpsでいゃんと表示されず小一時間ハマってしまいました…。
AWSのセキュリティーグループの設定でhttpsのためのポートを開いていなかったことが問題でした。
何はともあれ無事に常時SSL化できたということで、よしとします。