New Year’s resolution of 2016

明けてましておめでとうございます。
平成28年になり僕も今年で28歳になります。目標に期限を設けて「28歳までに起業をする」と決めてから3年が経ち、どうにか目標に届くところまで現実的に近づく事ができました。
本年も変わらぬご支援をよろしくお願いいたします!

抱負と決意

今年の抱負(計画や決意のようなもの)です。

昨年は欲張りすぎて達成できないものもあったので、1クール1つに限定して計4つだけをあげたいと思います。

  • 起業する

  • 海外の英語学校に行く

  • サービスのプロトタイプを作成

  • WordPressにコミットする

起業する(登記する)

前述のとおり、今年の11月までに登記し会社を起こします。

僕が幼い頃から父は有限会社を経営していました。男は父の背中を見て育つものですから、僕自身も物心がついた頃から「父のように社長になりたい」と思っていました。
今は自分の人生を思い通りにコントロールし選択肢を広げるために起業という道を選択したいと思っています。

海外の英語学校に行く

経営の4要素に含まれる「情報」の最新のモノは、ウェブに限らず英語で発信される事が多いと思います。

「まずはリーディングから」と思い、取り組んだ1年でしたが成果は微々たるもの…。
「情報」の為に、という目的以外にも異文化の方々ともっとコミュニケーションを取りたいという目的もあります。
WordPressや仕事を通じて海外の方と接する機会に恵まれていた2015年でしたが、思うようにコミュニケーションがとれなかった悔しい思いを、どうにか解決したいです。
ASEAN地域へ対しての好奇心も強くあり、中長期の目標として「ASEAN地域で仕事をする」事を設定しています。今の環境を変えて英語が必要な環境で、英語を使ってコミュニケーションをとることを習慣にします。

サービスのプロトタイプを作成

前述の起業にあたり、構想中のサービスのプロトタイプを作成し運用を開始します。
プロトタイプを自分で作成して運用、成長させて技術スキルの向上も図りたいです。

WordPressにコミットする

ここ数年でハマりにハマっている大好きなツールに、コードでコントリビューションを行います。
「変える人」から「つくる人」になり、オープンソースソフトウェアのプロジェクトに参加して体感、体験するのが目的です。


といった抱負でした。
改めて、みなさま明けましておめでとうございます。

本年も変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

Looking back at 2015

年の瀬を迎え、みなさまはいかがお過ごしですか?

あっという間に1年が経ちましたね。
2015年は僕にとって“準備の年”になりました。
今年一杯でフルタイムから週に数回だけ出社する形に雇用形態が変わり、生活の中心をフリーランスのウェブサイト制作者として活動することになりました。
過ぎてしまえばあっという間ですが、思い返してみれば色々な出来事があった年でした。
新たに身につけた習慣や、利用したサービスについて記したいと思います。

毎朝、まず始めに本を読むようになりました。
それ自体も新しい習慣なのですが、本を読めば読むほど“習慣が大事”だと書かれているため、習慣に注目して生活した1年になりました。

生産性をあげる「ポモドーロ・テクニック」

2015_pomodoro

ポモドーロ・テクニックとは25分の作業+5分の休憩を1サイクル(1ポモドーロ)として、4ポモドーロおきに15分の休憩をとるといった時間管理法です。1980年代の後半にFrancesco Cirillo氏によって提唱されたものですが、ウェブ界隈で注目度があがり試してみたところ1つの物事に集中しすぎる僕には最適な時間管理方法だったので続けています。

25分が経過すれば5分の休憩がとれるので自制心を上手くコントロールでき、全体の進捗を意識した作業のトレーニングにもなっていると感じています。

最速のタイピングを求めて「Dvorak配列」

SS 1
タイピング速度が向上する「Dvorak配列」 – mgn (エムジーエヌ)

キーボード配列をQwerty配列からDvorak配列に変更しました。
先月までは一部の状況(納期に追われていない)のみ切り替えていましたが、12月より完全に移行を開始しました。

WordPressとWordCamp

wordcamp_blog01

wordcamp_blog

WordPressとは?+WordCamp Tokyo 2015のお話 #wctokyo – More Publishing

WordPressというソフトウェアが大好きでして、ここ1,2年は20-30の小さな勉強会から1000規模のWordCampというイベントの開催に勤しんでいます。
2016年は「変える人」から「作る人」側にいきたいと思っています。

「現場のプロが教える WEBデザイン 新・スタンダードテクニック37 」を執筆しました

webdesign37
「現場のプロが教える WEBデザイン 新・スタンダードテクニック37 」を執筆しました – More Publishing

「EXP – クリエイティブな事をはじめた(い)全ての人達へ」宛に「書籍を執筆しませんか?」とお声がけをいただき、僕を含めた数名のメンバーが執筆に参加しました。
この書籍では数ページしか書いていませんが、出版の体験はウェブサイトを初めて公開した時に似たような感覚と興奮がありました。

猫が実家にやってくる

IMG_7663
猫のタビー – More Publishing

16年と長生きした「ムーン」が亡くなってしまい心が猫不足を引き起こしていたところ、生後3ヶ月の「タビー」を実家の母が引き取ることにしました。
犬も可愛いですが猫ってやっぱりいいです。

まとめ

振り返ってみると前半戦の記憶がうすかったので2016年は前後半でなにができたかを明確に出来る年にします。
みなさま今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします!

とんこつ ビックラーメン – 小岩

ramen1

この記事は一番好きなラーメン屋 Advent Calendar 2015に参加しています。

ラーメンって素敵ですよね!
仕事で頭が疲れてる時って高カロリーの食べ物を、やたらと食べたくなるじゃないですか。
お酒を浴びるほど飲んだ帰り道は、さらっと一杯食べちゃったりして。
なんだかうまくいかない日は、暴食のお供に「ラーメン」ですよね。

小さい頃からラーメン好きで、週5で食べてたこともあるくらい好きなんですよね。
日3で食べた事もありますし、博多旅行に行った時なんて日5でラーメン食べましたもんね。

ぶっちゃけ、「一番好きなラーメン屋」なんて決められないんですよ。
地元 足立区の田中商店(通称 タナショー)、西新井の椿も好きでしたし、蒙古タンメン中本(辛いの苦手だから味噌タンメン食べる)も好きですね。味噌も好きなんですけど、やっぱりとんこつが好きでして龍の家、暖暮もいいですよね。博多長浜ラーメン みよし(お店は京都だけど)も大好きで京都に住んでる時は一人でよくいってました。鶏白湯も好きなので、天天有(これも京都)も好きですし、煮干しも一時期ハマっていたのでゴールデン街だけでやっていた頃のラーメン凪(最近チェーン化して味がすごく落ちた)もすごく好きだったんですよ。歌舞伎町といえば、すっぽんエキスの1000円ラーメン 利しり(チャーハンも1000円)も最高においしいですよね!

やばい。止まらないよ。決められないよ…。

ここ2〜3年で1番行っているラーメン屋さんは、濃厚な海老が強烈な超オシャレつけめん屋さん 新宿 「五ノ神製作所(小盛りじゃないと食えない)」なんですが、 今日は小岩にあるこじんまりしたラーメン屋さんを紹介したいと思います。

外観をじゃじゃーん!

IMG_0090
あんまり期待のできない外観!!w
場所も小岩という、なんとも微妙な場所(足立区のやつに言われたくないよね)。

中でおっさん達が酒を飲み交わす「町のラーメン屋」って感じが余計にたまらん。

IMG_0065
店内には怪しげなおみくじみたいなやつ!
謎の中華屋とかによくおいてあるやつ。

ramen1

しかし見てください。
この背脂とんこつ醤油!!!!!!!

ramen2
麺は細縮れ麺!!!!!!
1〜2年前に初めて訪れて、そこから一気に虜になってしまいました。

わざわざこの為にカメラを持参して、今日食べにいってまいりました。
味も麺もが絶妙で、期待値の低さを大きく上回る 近年まれに見るおいしさです!!
穴場中の穴場って感じもしますし、本当に大好きなラーメン屋さんです。

小岩によったさいはぜひともビックラーメンへ!!!

ビックラーメン – 小岩 | ラーメンデータベース

「My Most Used Word (一番よく使う言葉)」は危ない!?FBアプリの対処法

SS-16

「My Most Used Word (一番よく使う言葉)」というアプリがFacebookやTwitterで流行っていますね。ユーザ数は公開から2000万人を突破したようです。
(過去最高記録をうちだしている今年の訪日外国人とだいたい同じ数ですね。)

「これ危ないからやめときなよ!」と書いている方を多く拝見するので、私見と「おい!情弱舐めんな。どうしろってんだよ!」って人のために「なにが危ない?」「使った後の対処方法」を記載しておきたいと思います。

「とりあえず怖いから、さっさと対処方法を教えてよ!」という方は、「誰でもできる対処方法」を御覧ください。

「My Most Used Word (一番よく使う言葉)」は本当に危ない?

正直、僕は危なくないと思っています。「危なくない」と言いましたが利用を推奨するわけではないので、利用は自己責任でお願いします…。

診断系のアプリには怪しいものが本当に多いですが、今回は危なくないと判断したので、その理由をあげてみます。

危なくないと思う理由

  • 運営会社とCEOが信頼できそう
  • 変な情報を沢山抜いてるわけじゃなさそう

上記の二点で判断しました。

運営元が信頼できるか?

まずは、「運営元」ですね。
アプリの発行元が少しでも怪しい場合、または信用できない場合は利用しないようにしましょう。

「友達がみんな使ってる」というのは安全な理由にはなりません。
「こいつパソコン詳しいからokでしょう」というのも危険です。人は過ちを犯す生き物なので、どれだけ詳しい人でもミスをする場合があります。
自分の目で見て、信用できるかできないかを判断しましょう。

今回のアプリはVonvonという会社が提供しているアプリです。
少し調べれば会社の情報や過去のアプリもでてきます。韓国人のCEO兼ファウンダーであるJonghwa Kim氏のLinkedIn(ビジネス特化型のSNS)ページも見つかりましたし、経歴を見る限り 僕よりは信頼できる人物だといえると思います。

どんな情報を抜いている?

次にアプリが利用者のFBアカウントからどんな情報を抜いてるのかが判断基準になります。
使おうと思った瞬間に「こりゃあかんわ」ってのも結構あります。

参考 「Facebook 初心者さん向け。なぜスパムアプリが恐ろしいか | Hachien channel

誰でもできる対処方法

怪しいアプリは削除するか、情報を渡さないようにするのが解決策と対処法になると思います。
上記の参考リンクにも削除方法が書いてあるので、消し方がわからない人は見てみてください。

参考「アプリの削除 | Facebookヘルプセンター

まとめ

臭いモノにはふたをする文化が僕はあまり好きではありません。
これも一種のステレオタイプなのかなーと思いながら、風評被害の根源には「ちゃんと調べずにネガティブな事を言う日本人の人間性」みたいのが見え隠れしますね。

仕事で忙しいのにアプリ1個1個みてらんねーよってのが本音でしょうが、何かを批判、批評(良い悪いに限らず)する場合は、しっかりと「知ってから行う」という癖をつけていきたいです。