CSSで指定した幅を超えた長い英文字やURLでレイアウトが崩れたり、突き抜けたりすることがあるので回避する方法。
禁則処理を解除して単語の途中でも折り返してしまうため、運用で回避するほうが無難ですが、モバイル端末などの最適化で必須な場合は下記のプロパティを使用して禁則処理を制御します。

[code language=”css”]
body {
word-break : break-all;
}
[/code]

参考:word-breakとword-wrapはややこしい