幼い頃はお盆の時期になると、亡くなった祖母の故郷である新潟県に先祖供養へ行っていました。

今回は90歳になる祖父を連れて、8年ぶりに親戚の家に訪問しました。

小さい頃の記憶と大好きだった祖母の記憶に浸り、東京とは違う時間の流れを感じられる貴重な体験でした。

祖父は最後の旅行になるかもしれないと思うと、一緒にいる時間を1秒も無駄にできないと感じました。