開発環境 (ステージング) を構築する時にベーシック認証をおこないたく、公式の情報の通りやってみたけどうまくいかなかったので/etc/nginx/conf.d/[プロファイル名]_http.confを修正してベーシック認証をおこないました。

【公式】推奨するセキュリティ対応 – KUSANAGI

参考にしたのはQiitaの下記ページです。
Nginx で Basic 認証 – Qiita

まずは.htpasswdファイルを作成します。

[code language="bash"]
$ htpasswd -c /etc/nginx/.htpasswd [ユーザ名]
New password: [パスワード]
Re-type new password: [パスワード]
Adding password for user [ユーザ名]
[/code]

上記リンクの『.htpasswd ファイルを読み込み、Basic 認証を適用。』と書かれているすぐ下のコードのように、KUSANAGIのnginx設定ファイルの該当箇所に記述します。

下記のコードは22、23行目に追記した状態。

[code language="bash"]
#=======================================
# URL
#---------------------------------------

server {
   listen 80;
   server_name [URL];
   access_log  /home/kusanagi/[プロファイル名]/log/nginx/access.log main;
   error_log   /home/kusanagi/[プロファイル名]/log/nginx/error.log warn;
   # rewrite ^(.*)$ https://URL$request_uri permanent; # SSL ONLY
   charset UTF-8;
   client_max_body_size 16M;
   root  /home/kusanagi/[プロファイル名]/DocumentRoot;
   index index.php index.html index.htm;


   rewrite /wp-admin$ $scheme://$host$uri/ permanent;

   location / {
   try_files $uri $uri/ /index.php?$args;
   auth_basic "Restricted";
   auth_basic_user_file /home/kusanagi/.htpasswd;
  }
[/code]

設定が完了したら、$ kusanagi restartで再起動して適用します。