大好きなじいじが1:50に亡くなってしまいました。

終戦の年に出兵し、数ヶ月で戦争が終わった世代で今年で92歳。とても頑固で短気で意地っ張りでTHE昔の人間って感じなおじいちゃんだったけど、俺にはいつも優しくて、5年前にばあばが亡くなった時に母の家に引っ越してきて、よく二人でお出かけしました。

亡くなる寸前までモニョモニョ何かを話していたようです。体調を崩して入院し、数週間前に退院して帰ってきてからは母のことを祖母と間違えたり、「ここの宿泊代が足りない」などとトボけたようですが、最後までしっかりとしてかっこいいじいじだったなー。

5年前にくも膜下出血でばあばを亡くした時は、翌日にヨーロッパへの初旅行を控えていて母親が「ばあばも旅行が大好きだったから”行っておいで”と言っていると思う」と言ってくれて、飛行機で泣きながら初めてのヨーロッパへ行きました。

幼い頃から調子の良い僕は、ばあばを「永遠の恋人」と呼び商店街でおもちゃを買ってもらっていて、ちょっとやんちゃだった中学生の頃もばあばとじいじの前ではピアスは外してたし、心配をかけないようにしていた。

大好きな人の死から”時間の大切さ”や”自分は何をしたいのか”を真剣に考えるようになり、自分の周りの環境を大きく変えた。
そして翌年には独立を決意し退社を申し出て、また翌年には個人事業主として独立した。

今の僕がいつでも好きな時間に働き、日本や世界の各地を旅できるのはあの時の祖母が気付かせてくれた学びのおかげだと思う。

僕は大好きな人の死で何を感じて学ぶことができるのだろうか。今はまだはっきり分からないけど、60年間つれそったばあばとやっと同じ場所にいけたのだからゆっくりとして欲しい。