2020年からのアジア・ヨーロッパ・アフリカ・南米・北米を1年かけて働きながら一周するためのプランと準備を始めている。

おおまかな各大陸間のスケジュールと国・都市には大まかなあたりを付け終えたので次は予防接種と保険ということで、数回に渡って摂取しなければいけないものもあると聞き東京都新宿区の国立国際医療研究センター病院のトラベラーズ外来を受診した。

国立国際医療研究センター病院|国立国際医療研究センター

本を数冊買って正しい知識を身につけようとしたが、情報が多すぎて要点をまとめられないままで来院した。担当の医師の方が詳しく体系的に要点をおさえて情報を教えてくれたのでとても勉強になったし、さらに詳しく知るための情報も教えてくれたので来院してよかった。

バンコクに数ヶ月拠点をかまえる予定だったので、ワクチンの価格も安いバンコクの病院でワクチンを摂取しようかと考えていたが、日本語で旅行に関する医療情報を詳しく聞けて質問できたのはすごくよかった。

行く場所などの説明をし、出国のスケジュールを踏まえてプランニングをしてもらった。まずは下記の予防接種をとることにした。

受ける予定の予防接種(ワクチン)

  • 黄熱病
  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • 狂犬病
  • DPT(破傷風・百日咳・ジフテリアの三種混合)

初来院の時に3つのワクチンを投与し、その後3回に分けて来院するため計4回の来院になる予定。費用は1人あたり5万円前後になるだろう。

それ以外にも検討しているものがあり、複数回来院の予定があるのでそれまでに決断する予定。

検討中の予防接種(ワクチン)

  • マラリア予防薬(マラロン or ビブラシン)
  • 腸チフス
  • 日本脳炎

すぐに決めなくてもいいとのことで、優先度が高いものや複数回投与しなければいけないものを先に決めて投与を始めた。

最終的に腸チフスや日本脳炎もアジア近郊やインドにいく可能性が高いので摂取しようと思っているが、バンコクでも経験してみたかったので今回は検討することにした。

またマラリアに関しては予防接種 = ワクチン といったものはなく、予防薬によって感染を防ぐといった形式により防ぐらしい。

そして8年ほど前に世界旅行へ行きマラリアにかかって死んでしまった夫婦の話を聞き、正しい知識をつけなければいけないという危機感もうまれた。

「どうにかなるさ!」という気持ちとスタンスは変えたくないが、身体が無事であるのは絶対条件であり、そのためには難病や疫病などの知識をしっかりとつけていかなければいけない。

詳しい情報は動画かなにかでまとめる予定