先日、神経外科の検査に行った。
MRIとMRAの検査結果を見てから詳しい診察を行うと言うことで、右目が2度見えなくなったときの状況を先生に話して診察は終わったので、特になにも原因はわからないまま。
先生が言うには一過性黒内障は年配の方に多く、若い人にはなかなか起こらないらしい。

なので今回の症状も神経系の異常から来る視力の低下であり、脳梗塞の疑いは低いのではないかということだった。
体に何かしらの異常が起きている言うことに変わりはないが、脳の心配をしなくていいだけでも不安は少し和らぐ。
今年に入って週2で渋谷にあるPoRTALと言うコワーキングスペースで、株式会社mgnのメンバーと作業することになり、作業する日だったので病院の帰りにお昼を一緒に食べた。
食べ終わるタイミングがバラバラだったので別々にPoRTALへ戻って、血糖値が上がってすぐに眠たくなってしまう僕は少し作業進めると、ソファースペースでうとうとくつろいでいた。
眠気がやっと覚め届いていたメッセージを見ると「PoRTAL戻ってきた?生きてる?」「おーい、おーい」とメッセージが届いており、しまいには僕がどこかで倒れているのじゃないかと心配になり、ご飯屋さんの近くまで見に行ってくれたらしい。優しい!
自分が思ってる以上に周りの人も心配してくれているので、なおさら体にお気をつけなきゃいけないなと思った。
ストレスを感じるタイプではないし、大病もしたことなく体は強い方だと思っているが、自分の意識だけではどうにもならないんだなぁと言うふうに感じる。