iPhone5s から iPhone7 Plus に買い替えた感想


先月「5.5インチなんてありえない!iPhoneは3.7インチ、せめて4インチが限界だ!」と飲み会で酔って人様にわめき散らしていたのは僕です。

3年半の間、修理を自分でしながら愛用してきたiPhone5sに別れを告げて、iPhone7 Plusに買い替えました。

平日の朝 10:30に渋谷のApple Storeに来店したら、待ち時間なしで入店から10分程で購入することができました。

普段はMacBook Pro Retina 15inchを使ってWebサイトの受託制作を業務として活動しているのですが、いつも大画面のMacを持ち歩いているためできるだけ荷物は少なくしたいですし「大画面のスマホとかもってのほか」と思っていました(いや、今も思っています)。

ですが、iPhone7 Plusを買ったんです。もう一度繰り返します。iPhone5sからiPhone7 Plusに買い替えたんです。

理由はこの間の山口、福岡、韓国に遠征した時の体験が大きいかなと思っています。

理由1. バッテリーが全てを制す

旅を続けていると満タンだったモバイルバッテリーも、電源の供給先も不安定になってくるため常に悩みがつきまとってきます。

国内であれば勝手も分かりますが他国であればそうもいきません。

韓国では道が分からなく電池もないが雨が降ってくるという非常事態がおこり、雨に濡れながら携帯を使わなければいけないという最悪な状況の中iPhone5sを使い「これはアカン!」と恐怖を覚えました。

iPhone7/7 Plusへの買い替えの最も多い理由はバッテリーの持ち時間が伸びるかららしく、僕も同様にバッテリーの持ちを理由の1つとしてあげたいと思います。

理由2.やっぱりFelica使ってみたい

僕は東京駅100周年Suicaを愛用していて、本革製のお気に入りパスケースを常に携帯しています。さらに支払いは基本的にクレジットカードを使っており現金は極力少なく、もしくは持っていない事もあります。

だから嫌だったのです。なんでこんな愛しのパスケースの存在を無下にしなければいけないのか「クレカ持たなきゃいけないならどのみちSuica持ってるしええやん」って思ってたんです。

でも世界のAppleが特別にわざわざ日本仕様を作りFelicaに対応するなんてびっくりしましたし、使わないかもしれないがどんなユーザー体験があるのかクリエイターの端くれとして感じてみたかったんです。

まだ初日ですが、チャージをiPhone上でおこなえてクレカで決済できるのには感動しています。

理由3.デュアルカメラってか望遠カメラ

カメラですよ、カメラ!
一応NikonのフルサイズとSonyのミラーレス(APS-C)は持っているくらいのカメラを初心者ですが、写真の転送やバッテリーの管理は面倒ですし、ふとした瞬間に撮影したいタイミングが訪れた時に対応できるのはやっぱり身近にあるスマホなんですよね。

アプリを利用すればデジタルズームではなく望遠レンズでの強制撮影もできますし、まだまだ荒削りですがポートレートモードを使えば人を取りたい時や、周りが気になるシュチュエーションでもソコソコいい感じに撮れたりもします(ボケに違和感があったり、焦点距離が遠かったりと実用レベルではないが今後に期待)。

これはソフトウェア次第で改良の余地があるので、今後の期待も含めてデュアルカメラを装備している端末を選ぶのは普通かと思います。

まとめ

とりあえずしばらく使ってみて「やっぱデカすぎるわ」と思ったら9月に新しいiPhoneを買えばいいし失敗を恐れずにAppleのスマホ体験を感じてみたいと思いました。

僕は平均より少し大きめな手をしていますし、安定している場所ではどうにか片手でもフリック入力できます。

まずは、3ヶ月どうなるか試してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です