プラグインの翻訳を適用中のテーマのみで変更したい時のカスタマイズ方法


WooCommerceの翻訳を自分の意図したものに変えたい時は翻訳ファイル自体を子テーマ化して変更する方法もありますが、受託開発でテーマにインクルードしたい場合もあります。
その時はテーマのfunctions.phpへ下記コードを追加することで可能となります。



add_filter( 'gettext', function( $translation, $text, $domain ) {
if ( 'woocommerce' == $domain ) { //プラグインのテキストドメインを指定
switch ( $text ) {
case 'Register': // 原文
$translation = 'アカウント登録';
break;
}
}
return $translation;
}, 10, 3 );

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です