in Blog

BizDev (ビズデブ) ってなに?


フィリピン出張に行っていた時にマニラで知り合ったベルギービールの会社に努めている現地人と仲良くなったんですが、彼の役職が“Business Development Manager”でした。
「実務は何してんの?」って聞いたら「毎日夕方くらいに街に繰り出してビール置いてもらえそうないい店を紹介してもらったり、いい店の常連になったり、新規出店の情報探したりして飲み歩いてる」って言っていました。

その時初めてBizDev (ビズデブ) という言葉を聞き、日本語で最も近い言葉として事業開発という役割がある知ったのですが、ニュアンス的に少々違う気がしたので調べてみました。

BizDevとは?


Business Development (ビジネス・デベロップメント) の略でビズデブと読みます。日本語に訳される時は事業開発とされることが多いですが商慣習の違いもあるのか細かいニュアンスが違うと思う人が多いようです。
フォーブスの『What Does A Biz Dev Person Actually Do?』という記事には具体的にどのようなことが実務 (アクティビティ) として行われているのかが書いてあります。

  • 顧客・カスタマー (Customers) : 新たなものを見つけ、既存のものからさらに価値を引き出す。
  • 市場・マーケット (Markets): 顧客がどんな状況にあるのかを物理的にも心理的にも把握し、どのように購入にいたるのかの経路を探る。
  • 人間関係・リレーションシップ (Relationships) : 信頼を獲得できるように誠実な関係性を構築し活用する。

文中で筆者が「私はそう信じている」と書いているので、役職としての歴史も浅く多岐にわたる業務内容のため断定して書くことが難しいのかもしれません。

また、BizDev (ビズデブ) に必要なスキルセットとして下記の3つがあげられています。

  • 戦略 (Strategy) : BizDevの中核となる機能であり、長期的な価値を追求するために不可欠なもの。ビジネスの基本的な推進要因、顧客、パートナー、競合、トレードオフ、リスクを理解すること。
  • セールス (Sales) : 組織の中で満たされていないニーズを発見し意思決定者に提供できる価値を明示する。
  • 関係管理 (Relationship Management) : 広範囲のネットワークだけでなく、必要に応じて新しい関係の構築や関係性を維持する方法の深い理解が必用です。

この三点を組み合わせることによってBizDevをおこなっていくと記載されています。
出典 : What Does A Biz Dev Person Actually Do?

まとめ

まだまだ理解には程遠いですが、少しわかった気もします。
事業開発と何が違うんだろうか。

参考記事のURL

コメントを書く

Comment