100%GPLとは?


WordPressはGPL(もしくはGNU GPL)というラインセンスのもとに配布されています。
GPLは多種多様なソフトウェアライセンスの中で、もっとも多く使われているライセンスの一つです。

GPLがどんなライセンスなのか、ものすごく簡単にまとめると「利用、改変、再頒布の自由を保証するライセンス」でしょう。ライセンスにはおける人権・権利章典のような物だと理解すればいいと思います。
GPLでは「自由」という言葉がキーワードになってきます。

100% GPLについて、まとめる調べる機会があったので、「100% GPLとはなにか?」に触れていきたいと思います。

100%GPL

100GPL-01

テンプレートタグやフック機能を利用しないJavaScript / CSSのソースコードや画像に関してもGPLを適用させることを「100% GPL」とよびます。
WordPress.orgやWordPressコミュニティでは、派生物であるテーマやプラグインに対してもGPLを適用させることを推奨しており、100% GPLではないテーマやプラグインを頒布(不特定多数に広く配布すること)、公開をしている場合には公式ディレクトリへの掲載やWordCampへの公式な参加ができないように、ガイドラインを設けています。

PHPのソースコードだけにGPLを適用する「スプリッド・ライセンス」というものもありますが、前述したとおり全てのファイルに対してGPLを適用しなければ「100% GPL」にはなりません。

スプリット・ライセンス

splid
GPLは法的拘束力のあるルールですが、PHPソースコードにだけGPLを適用し、その他のファイルに対しては別のライセンスを適用することもGPLの範囲内で、この状態を「スプリット・ライセンス」とよびます。

テーマやプラグインの全てのファイルに対してGPLを適用しないのは、WordPressのユーザーの自由を奪ってるとし、WordPress.orgやWordCampなどのガイドラインではこれを禁止しています。

まとめ

WordPressのテーマやプラグインを作成する時に、気になるライセンスの話でした。
「100% GPLにしよう!」と作る人や使う人、全ての人達が思えるのが個人的には嬉しいですが、「絶対に100% GPLにしたくない」という方もいると思います。
その場合は、WordPress.orgの公式ディレクトリにもWordPressコミュニティにも参加しないという「自由」もあるのだと知りました。

様々な人の貢献の先に今のWordPressがあり、その恩恵を享受しているのなら、ぜひみなさんにも100% GPLを適用して欲しいです。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です