2020年「世界一周」「デジタルノマド」「新しいワクワクを見つける」

僕たちにとって挑戦的な年がはじまった。個人的な挑戦でもあり、二人のスタートでもあり入学式のようなワクワクを感じながら準備をすすめている。といってもほとんど準備は進んでいなくて本気でやらなきゃいけない一ヶ月になそう。

「なんで世界一周に行くの?」と知人が聞くたびに自分の考えていることが磨かれていき、出発の前から自分にとって良い影響を与えている。それが旅行中にはもっと磨かれる。それは発信をして形を変えて自分たちの経験になるだろうと思うと夜も眠れない。元々あんまり眠れないのに…。

2019年は年始の目標を5〜6年ぶりにたてなかった。目標をたてることに行き詰まってしまって理由がワクワクしていないからだと気づいたし、2019年は明確な目標が2つあった「結婚」「会社」「2020年の準備」という方向性を決める大きな目標があったからだ。

3月に結婚して10月に結婚式をした。あらためて自分のまわりで人生を構成してくれている人たちを知れて、その人たちの存在と影響を認識した。

11月にはエストニアというヨーロッパにある小さなデジタル国家で会社をつくった。これは独立を目指したときの30歳までに会社を起こすという自分との約束を守るため。事業はいままで通り出版社やウェブメディアの運用と開発の代理業を WordPress 専門業者としておこなっていくのだけど、移動しながら生活するライフスタイルとリモートワークについても関連した事業をおこなってきたい。そして、2020年の準備は真っ最中。

3つの大きな目標があったことで細かい目標をたてるよりも自由に1年を生きれたし、方向性を見失わないですんだ。自由に行動して方向性を見失わないようにすることが目標の素晴らしさなんだと気づいたし、これを2020年は意図的にやっていきたいな。

それにしても Pentatonix が歌うこの曲が素敵。

「世界一周」「デジタルノマド」「新しいワクワクを見つける」

まずは地球を一周して人々の紡いできた文化の知恵や美に浸る。いのちだいじにガンガンいこうぜ!

ITやデジタルデバイスを駆使して移動しながら生きるデジタルノマドとして蓄積したノウハウを実践してさらに磨きをかける。そして、発信する。

そのライフスタイルをとおして人生の源泉であるワクワクを探しにいく。文化を学んで自分はこの人生を使ってなにをしたいのか考える。そのための投資を惜しまない。

それを一人じゃなく二人で。

この記事を書いた人

Susumu Seino

1988年東京都足立区生まれ。9歳からコーディングを始め、中学校を卒業の後に26歳でwebプログラマーとして独立。WordPress を専門としたwebメディアの企画・制作・運用の会社をエストニアに創業。著書に「ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門」「現場のプロが教える WEBデザイン 新・スタンダードテクニック37現場のプロが教える WEBデザイン 新・スタンダードテクニック37」など