クラウド版の「Mautic.com」でMA(マーケティング・オートメーション)を無料で導入する方法 (WordPress編)


Mautic Advent Calendar 2016 – Adventarの4日目はMautic Tokyo Communityの清野がお伝えいたします!

僕はWordPressのコミュニティでも活動しているWPerでもあるので、今回はMauticを導入する手引きとしてホスティング版のMautic.comの登録方法とログインして日本語化をおこないWordPressのサイトと連携するところまでを書きたいと思います。

Mautic.comの登録をする

mautic-26.jpg

まずはリンクからクラウド版のMautic.comにアクセスしましょう。

青い「Check out Mautic Cloud」と言うボタンをクリックします。

mautic-24.jpg

フリー版とプロ版を選択する画面に移行します。5,000人のコンタクト(追跡するユーザー)の制限などはありますが、お試しで導入するにはフリー版を使ってみるのがいいでしょう。

左にある「Start today」のボタンをクリックします。

mautic-22.jpg

こちらでは登録するプロフィールを入力します。

  • First name : 名前
  • Last name : 苗字ilable
  • Company : 会社名
  • Company size : 会社の規模
  • Country : 国
  • Your role : 役職
  • Company email : 登録メールアドレス
  • Phone number : 電話番号
  • Your interest in Mautic : Mauticの使用用途
    • Company (for yourself) : 会社用または自分用
    • Agency (for your clients) : お客様用
  • We value and protect your privacy. : プライバシーポリシー

すべて入力し終わったらチェックボックスにチェックを入れて「Next:Choose your domain」をクリックしましょう。

mautic-18.jpg

ここではクラウド版のMauticを使うためのドメインを取得します。希望のドメインを入力し、お好きなパスワードを入力したら右下にある「Let’s get started」のボタンをクリックします。

入力したドメイン欄の下に赤字で「◯◯ is not available.」と表示された場合は、すでにそのドメインが使われているということです。他のドメインを試してみましょう。

mautic-17.jpg

こちらの画面が表示されたら登録は完了しています。管理画面にログインするには「https:◯◯(登録したドメイン).mautic.net/login」のURLへアクセスしましょう。

登録したメールアドレスとパスワードを入力しログインのボタンをクリックしましょう。

Mautic.comを日本語に変更する

mautic-15.jpg

ダッシュボード(管理画面)を開くと英語の管理画面が表示されます。
英語に慣れてる方はこのままお使いいただけると思いますが、英語が得意ではない方に慣れない用語もでてくるので凄く難しく感じる釜しれませんので、日本語化ををおこないましょう。

mautic-15.jpg

まずは、画面右上の歯車のアイコンをクリックします。サイドバーが画面右端から現れるのでその中にある「config」をクリックして、設定画面に進みましょう。

mautic-8.jpg

設定画面の上から2つ目の項目である「System Default」のセクションにある「Default language」の設定を「Japanese」に変更します。
変更したら右上にある「Save & close」のボタンをクリックし、設定を保存してください。

mautic-3.jpg

設定の変更が終わっても英語の画面から日本語に切り替わりません。

右上にある自分のアカウントをクリックし中にあるログアウトを選択して、いちどログアウトしてから再度ログインをし直しましょう。
これによって先ほど設定した設定項目が反映されるようになります。

mautic-1.jpg

再度ログインしてみるとこのようにすべての項目が日本語に変化しているのが分かると思います。

「WP Mautic」を使ってWordPressと連携する

mautic-wp-3.jpg

WordPressの管理画面にログインし、サイドバーにあるプラグインの中の新規追加を選択します。
プラグインを追加のページに移動したら、検索窓に「WP Mautic」と入力し該当のプラグインをインストールし有効化しましょう。

mautic-wp-3.jpg

プラグインを有効化したら、サイドバーの設定の中の「WP Mautic」を選択し初期設定をおこないましょう。

mautic-wp-2.jpg

設定画面はこのようにシンプルなものになっています。
「Mautic Base URL」の中に先ほど登録した、クラウド版の「Mautic.com」のURLを入力します。
【例】https://◯◯(登録したドメイン).mautic.net

これでMauticの導入とWordPressを連携する設定は完了しました。
この時点でコンタクトを取得しクラウド版の「Mautic.com」に保存していくことができます。


いかがでしたか?すごく簡単にMauticを使ってMA(マーケティング・オートメーション)の導入をおこなうことができたのではないでしょうか?
実際にはここから設定をしていく事によってMAをおこなっていくのですが、まずは導入してみて試してみるのもよいのではないでしょうか?

実際の設定方法などはこれからこのブログでまとめていけたらいいなと思っています。
よい、Mautic Lifeを!

明日はmaki_sakiさんの「私が考えるMAが変えるWEB業界の未来」です。楽しみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です