さよならじいじ

大好きなじいじが1:50に亡くなってしまいました。

終戦の年に出兵し、数ヶ月で戦争が終わった世代で今年で92歳。とても頑固で短気で意地っ張りでTHE昔の人間って感じなおじいちゃんだったけど、俺にはいつも優しくて、5年前にばあばが亡くなった時に母の家に引っ越してきて、よく二人でお出かけしました。

亡くなる寸前までモニョモニョ何かを話していたようです。体調を崩して入院し、数週間前に退院して帰ってきてからは母のことを祖母と間違えたり、「ここの宿泊代が足りない」などとトボけたようですが、最後までしっかりとしてかっこいいじいじだったなー。

5年前にくも膜下出血でばあばを亡くした時は、翌日にヨーロッパへの初旅行を控えていて母親が「ばあばも旅行が大好きだったから”行っておいで”と言っていると思う」と言ってくれて、飛行機で泣きながら初めてのヨーロッパへ行きました。

幼い頃から調子の良い僕は、ばあばを「永遠の恋人」と呼び商店街でおもちゃを買ってもらっていて、ちょっとやんちゃだった中学生の頃もばあばとじいじの前ではピアスは外してたし、心配をかけないようにしていた。

大好きな人の死から”時間の大切さ”や”自分は何をしたいのか”を真剣に考えるようになり、自分の周りの環境を大きく変えた。
そして翌年には独立を決意し退社を申し出て、また翌年には個人事業主として独立した。

今の僕がいつでも好きな時間に働き、日本や世界の各地を旅できるのはあの時の祖母が気付かせてくれた学びのおかげだと思う。

僕は大好きな人の死で何を感じて学ぶことができるのだろうか。今はまだはっきり分からないけど、60年間つれそったばあばとやっと同じ場所にいけたのだからゆっくりとして欲しい。

見たままを語る人々に

今日は日記猿人の話を聞いたのでこのブログにも綴りたいと思う。

日記猿人とは1996年に発足したオンライン上の日記を登録するソーシャルサービスのことだ。

先進には日記リンクスと言うサービスがあり、そのサービスの閉鎖とともに新たなサービスが発足する形となった。

22年前というと僕はコンピューターを触ったこともない時代だった。僕が初めてコンピュータを知りインターネットに触れたのは1998年の頃だったと記憶している。

日記猿人はその2年前からサービス発足し、当時からWordPressコミュニティのようにオンライン上で人と人をつなげるコミュニティを形成したという。

様々な問題を抱えオープンソースと言う概念が発足するよりもっと昔のコミュニティにも同様の問題が起き、また同様の悩みを抱える人たちがいたことを思うと僕らに課せられた使命は同じ過ちを繰り返さずに次に繋げられるための一歩を着実に踏み出す勇気が必要だと感じた。

僕が見えている正しい未来は万人にとっての正しい未来じゃなかったとしても、僕自身が信じられることならば誰かのことを気にせずにその道を切り進んでいく必要があると思う。

この4年間の中で僕が示せなかった責任感は、今この時に自分自身に跳ね返ってきているんだと感じる日でもあった。

自分が正しいと思うことを続ける事は簡単だけども、誰かを理解しながら物事を広めていくことは難しい気がした。

多くの人は見たままをいい、自分がどのように行動することを導かれた事は何も考えないようだ。

違う時代を生きる同じ遺伝子

今年初めて親父と呑んだ。

僕のことを自由奔放や自己主張が強い・うるさい・デリカシーがないと言う人がいるが、その個性は親父から受け継いでることは間違いない。(彼は僕の10倍くらいのアクの強さだから…)

そんな親父が新しい事業を仲間と始めるらしく、ウェブに精通している僕へ相談をしたかったらしい。

詳しい内容は割愛するけど、デジタルマーケティングとかカスタマージャーニー・カスタマーセントリック・Lean UXの話を小売業を30年近くやっている人たちに専門用語を使わずに話した。

普段は少し難しくても端的に伝わる小難しい言葉を使って説明してるけど、専門用語を使わずに親子の会話のようにナチュラルに喋ることでさらに理解は深まったと思う。

商売を30年続けた父は僕の説明をうけて「俺もそうだったけど、自分が言いたいことよりも相手が不満に思う事を引き出して形にしてあげるのが商売の基本だぞ」と言う父。

うるせーよ、と思いながら未来の自分から助言を受けているようで身にしみている…。

思えば、僕は親父に似ていて幼い時は「お父さんにそっくりね」と言われて喜んでいた。

僕の生き方は良いところも悪いところも親父にそっくりで、我が子をみながら自分の過去を重ねなにかアドバイスをしたくなってしまうのだろう。

そんな親父と話して感じたことは2つ。

彼の個性は僕のそれにとても似ている。だから僕自身の大切な人に”個性の批評”をしてもらうよりも、親父の大切な人に批評をしてもらった方が率直な意見と真意を聞けると言うこと。

もう一つは、この半年間に僕は多拠点とその体験を求めて男木島で畑を耕し、海で漁をした。親父は畑を耕し、古民家を改築して、川で釣りをする体験を提供しようとしている。

生きてる時代は違くても同じ時は生きていて、似たようなことしている親子って面白い。

自分は大切な人たちにどんな想いをさせてるのかと思った日だった。

Adobe Creative CloudでIllustrator CS6しかダウンロードできない問題

macOS Hight Sierra (10.13.3)にバージョンアップしてからイラレCS6しかダウンロードできなく、Lightroomもダウンロードできなくりました。
サポートチャットから問い合わせをしたところ 「この状態でございますと、デスクトップアプリがMac OSが10.13であることを認識していない様子」 ということを教えていもらい、かつ設定ファイルを片っ端から削除する方法を教えていただきました。

Creative Cloud のライセンスに関するトラブル全般の対処

以前のバージョンを含むすべての Adobe アプリケーションを削除し Creative Cloud アプリケーションを再インストールする(Mac OS)

しかし、問題は解決しないままです。
トライアル版をダウンロードしようとしても使えない状態です。

困った。


2018年3月27日 追記

結局OSの再インストールで解決しましたw
前回のクリーンインストール時にライブラリのApplicationSupportディレクトリをまるっとコピーしたのが主な原因ぽくて、そのせいでCleative CloudcがMacのOSを正しく認識できてなかったようです。

BizDev (ビズデブ) ってなに?

フィリピン出張に行っていた時にマニラで知り合ったベルギービールの会社に努めている現地人と仲良くなったんですが、彼の役職が“Business Development Manager”でした。
「実務は何してんの?」って聞いたら「毎日夕方くらいに街に繰り出してビール置いてもらえそうないい店を紹介してもらったり、いい店の常連になったり、新規出店の情報探したりして飲み歩いてる」って言っていました。

その時初めてBizDev (ビズデブ) という言葉を聞き、日本語で最も近い言葉として事業開発という役割がある知ったのですが、ニュアンス的に少々違う気がしたので調べてみました。

BizDevとは?


Business Development (ビジネス・デベロップメント) の略でビズデブと読みます。日本語に訳される時は事業開発とされることが多いですが商慣習の違いもあるのか細かいニュアンスが違うと思う人が多いようです。
フォーブスの『What Does A Biz Dev Person Actually Do?』という記事には具体的にどのようなことが実務 (アクティビティ) として行われているのかが書いてあります。

  • 顧客・カスタマー (Customers) : 新たなものを見つけ、既存のものからさらに価値を引き出す。
  • 市場・マーケット (Markets): 顧客がどんな状況にあるのかを物理的にも心理的にも把握し、どのように購入にいたるのかの経路を探る。
  • 人間関係・リレーションシップ (Relationships) : 信頼を獲得できるように誠実な関係性を構築し活用する。

文中で筆者が「私はそう信じている」と書いているので、役職としての歴史も浅く多岐にわたる業務内容のため断定して書くことが難しいのかもしれません。

また、BizDev (ビズデブ) に必要なスキルセットとして下記の3つがあげられています。

  • 戦略 (Strategy) : BizDevの中核となる機能であり、長期的な価値を追求するために不可欠なもの。ビジネスの基本的な推進要因、顧客、パートナー、競合、トレードオフ、リスクを理解すること。
  • セールス (Sales) : 組織の中で満たされていないニーズを発見し意思決定者に提供できる価値を明示する。
  • 関係管理 (Relationship Management) : 広範囲のネットワークだけでなく、必要に応じて新しい関係の構築や関係性を維持する方法の深い理解が必用です。

この三点を組み合わせることによってBizDevをおこなっていくと記載されています。
出典 : What Does A Biz Dev Person Actually Do?

まとめ

まだまだ理解には程遠いですが、少しわかった気もします。
事業開発と何が違うんだろうか。

参考記事のURL