Simple WordPress Membershipでフォームをカスタマイズする時に通知だけ表示する

Simple WordPress Membershipという会員機能を手軽に実装できるプラグインを活用した開発をおこなっています。
フォームのマークアップを変えたいのですが、フックするのは何かと面倒そうなのでテンプレート階層でカスタムしたフォームのテンプレートを作成しているのですがお知らせ・通知が表示されなく困まったので、とりあえず通知を出せる方法です。

Shortcodes Summary List for the Simple Membership Plugin – Membership Plugin

上記の公式ドキュメントからカスタマイズしたいフォームのショートコードを探します。
サンプルとしてPassword Reset Page Shortcodeの箇所にある[swpm_profile_form]を使います。

<?php do_shortcode( '[swpm_profile_form]' );?>

このようにフォームのカスタマイズした冒頭でショートコードをechoせずに実行します。
Simple WordPress Membershipの場合は、

WooCommerceでStripe決済を導入する時のエラーの解決方法

WooCommerceでStripe決済を導入しようとプラグインをいれて設定してみたのですが『Sorry, we are unable to process your payment at this time. Please retry later.』と表示されてしまい決済が進みません。

今回は実際にエラーを解決した手順と、WooCommerceを利用してECサイトを作る時のエラーの解決方法について書いていきます。

この記事でのエラー解決方法は、テストモードを有効可しているか本番用のAPIキーを取得して登録している状態が前提となります。

エラーの解決手順

まずはエラーの原因を特定する必要があります。利用しているテーマやWooCommerce以外の他のプラグインに原因がある場合があるので、まずはWooCommerceとStripe以外のプラグインを無効化してテーマをWooCommerceが推奨するデフォルトテーマであるStorefrontに変更します。
細かい詳細は下記のとおりです。

プラグインが競合 (悪さ) しているか調べる

  1. プラグインをすべて無効化する
  2. WooCommerceとStripeのプラグインを有効可する
  3. 商品を購入する
  4. まだエラーがでる場合はプラグインの競合はないので、テーマのチェックに進む

テーマが競合 (悪さ) しているか調べる

  1. テーマをWooCommerceが推奨するStorefrontに変更する
  2. WooCommerceとStripeのプラグインだけを有効可する
  3. 商品を購入する
  4. まだエラーがでる場合はプラグインの競合はないので、エラーログのチェックにすすむ

エラーログの確認

  1. WooCommerce > 購入手続き > Stripe のページに移動
  2. 『デバッグメッセージのログを取得』にチェックをいれて設定を保存する
  3. 商品を購入する
  4. WooCommerce > ステータス のページの『ログ』タブを選択する
  5. woocommerce-gateway-stripe-xxxx.log (2018年xx月xx日 @ xx:xx )を選択し、表示をクリック
  6. 一番下にある最新のログを確認する
  7. ログのmessageの内容を調べてみる

上記の流れで大抵のことは解決されると思います。
プラグインとテーマが競合していないかどうかを調べたあとは、ログの取得をしてメッセージを知らべます。
今回は下記のようにエラーログが取得できました。

====End Log====


04-25-2018 @ 20:20:42 - 
====Stripe Version: 4.1.2====
====Start Log====
Error: stdClass Object
(
    [error] =&gt; stdClass Object
        (
            [message] =&gt; The statement descriptor must contain at least one alphabetic character.
            [param] =&gt; statement_descriptor
            [type] =&gt; invalid_request_error
        )

)

====End Log====

問題の部分は “[message] =>” に記載されている「The statement descriptor must contain at least one alphabetic character.」です。
これはStripeのステートメント記述子をアルファベットにしろということです。Stripeの設定画面から該当の箇所を見ると日本語で入力されていたため、こちらをアルファベットに変更したところ無事決済ができました。

WordPressやWooCommerceや決済系などの公式プラグインはユーザも多いので「プラグインのせいで動かない」という可能性は極めて少ないと思います。
多くの場合は、自分の設定ミスやWordPressの公式ディレクトリに掲載されていない質の悪いプラグインやテーマを使っているところにあるはず。
そんな時は、すべてのプラグインを無効化しテーマをデフォルトのtwentyfifteenなどのに変更してエラーログを見れるようにしてみましょう。

wp-instant-setupでWordPressのローカル開発環境を構築しようと思ったら動かなかった

問題点・症状

  • miyaさんからforkしたオレオレ・インスタントセットアップがうがかなかった
  • DBあたりがうまく動いていない感じ
  • wp-config.phpを削除すると初期設定画面が表示される
  • mysqlにはターミナルから入れる
  • MAMPは使ってない
  • OSはMacのHightSierra

解決策

  • brew install homebrew/php/php70でPHP7をインストール (もとからPHP7っぽかったけど…)
  • よくわからないけど治る

心臓がいきなり痛い!いよいよ死期が近いぞ!

っていうのは冗談ですが、ちゃんと何かあったときのために備忘録っす。

お昼ごはんを食べてから1時間くらいしたら心臓がキューッとつかまれるような痛みと苦しさを10~20分間を2セットくらい。体調がすぐれないのか、夜には今までないほどの湿疹が出て恐怖でした。
「こりゃーアレルギー性のなんちゃらだ!」と推理した僕は、翌日に病院にアレルギーに強い内科に行くことに。

ところが、一過性のものだろうということしかわからず簡易な心電図で少し様子を見たところ「幅広QRS波ぎみですね。まー問題ないでしょう」とのこと。よくわかんないですが調べてみたところ、心室性期外収縮の疑いもありそうです。
とりあえず、明日はビッグデーなので明後日以降に循環器科に行って問診をうけます。

みんな!人間ドック行きなね!
サムネは僕が今季撮った桜です。

Adobe Creative CloudでIllustrator CS6しかダウンロードできない問題

macOS Hight Sierra (10.13.3)にバージョンアップしてからイラレCS6しかダウンロードできなく、Lightroomもダウンロードできなくりました。
サポートチャットから問い合わせをしたところ 「この状態でございますと、デスクトップアプリがMac OSが10.13であることを認識していない様子」 ということを教えていもらい、かつ設定ファイルを片っ端から削除する方法を教えていただきました。

Creative Cloud のライセンスに関するトラブル全般の対処

以前のバージョンを含むすべての Adobe アプリケーションを削除し Creative Cloud アプリケーションを再インストールする(Mac OS)

しかし、問題は解決しないままです。
トライアル版をダウンロードしようとしても使えない状態です。

困った。


2018年3月27日 追記

結局OSの再インストールで解決しましたw
前回のクリーンインストール時にライブラリのApplicationSupportディレクトリをまるっとコピーしたのが主な原因ぽくて、そのせいでCleative CloudcがMacのOSを正しく認識できてなかったようです。