Loading...

100% GPLとは?

WordPress はGPL(もしくはGNU GPL)というラインセンスのもとに配布されています。
GPLは多種多様なソフトウェアライセンスの中で、もっとも多く使われているライセンスの一つです。

GPLがどんなライセンスなのか、ものすごく簡単にまとめると「利用、改変、再頒布の自由を保証するライセンス」でしょう。ライセンスにはおける人権・権利章典のような物だと理解すればいいと思います。
GPLでは「自由」という言葉がキーワードになってきます。

100% GPLについて、まとめる調べる機会があったので、「100% GPLとはなにか?」に触れていきたいと思います。

100%GPL

100GPL-01

テンプレートタグやフック機能を利用しないJavaScript / CSSのソースコードや画像に関してもGPLを適用させることを「100% GPL」とよびます。
WordPress.org や WordPress コミュニティでは、派生物であるテーマやプラグインに対してもGPLを適用させることを推奨しており、100% GPLではないテーマやプラグインを頒布(不特定多数に広く配布すること)、公開をしている場合には公式ディレクトリへの掲載や WordCamp への公式な参加ができないように、ガイドラインを設けています。

PHPのソースコードだけにGPLを適用する「スプリッド・ライセンス」というものもありますが、前述したとおり全てのファイルに対してGPLを適用しなければ「100% GPL」にはなりません。

スプリット・ライセンス

splid
GPLは法的拘束力のあるルールですが、PHPソースコードにだけGPLを適用し、その他のファイルに対しては別のライセンスを適用することもGPLの範囲内で、この状態を「スプリット・ライセンス」とよびます。

テーマやプラグインの全てのファイルに対してGPLを適用しないのは、WordPress のユーザーの自由を奪ってるとし、WordPress.org や WordCamp などのガイドラインではこれを禁止しています。

まとめ

WordPress のテーマやプラグインを作成する時に、気になるライセンスの話でした。
「100% GPLにしよう!」と作る人や使う人、全ての人達が思えるのが個人的には嬉しいですが、「絶対に100% GPLにしたくない」という方もいると思います。
その場合は、 WordPress.org の公式ディレクトリにも WordPress コミュニティにも参加しないという「自由」もあるのだと知りました。

様々な人の貢献の先に今の WordPress があり、その恩恵を享受しているのなら、ぜひみなさんにも100% GPLを適用して欲しいです。

参考

WordPressの著作権表示について

WordPressはGPLというソフトウェアライセンスのもとに配布されています。
copyleft(コピーレフト)と呼ばれる「著作権を保持したまま、利用・改変・再配布できなければいけない」という考え方を持っています。

前述されている「著作権を保持したまま」という箇所について理解が曖昧だった為、少し情報を探してみました。

WordPressはユーザが多い為、検索すればすぐに答えが見つかるのがとても嬉しいです。
今回もすぐに情報が見つかりました。

WordPress › フォーラム » 無料で配布されているテーマの権利について。改変/表記について

前述のリンクは、WordCamp Tokyo 2012で実行委員長を務めた西川さんが5年前にWordPress日本語フォーラムで初めてスレを立てた時のものでした。

1)そもそもこのテーマを改変して使うことは許されているのでしょうか。
「無料で配布されているテーマ」について概念として理解できておりません。

2)テーマを改変して使用する場合、フッターに表記されている

という質問に対して、Automattic直さんが、わかりやすく回答されていました。

GPL で言われている適切な著作権表示というのは、HTML 上にそれが見えなければいけないというわけではありません。コード(例えばテーマなら CSS ファイル内)に著作権情報を書いておくというのも含まれます。
例えばみなさんは WordPress でプラグインを利用していると思いますが、それについてサイト上に書いている方は少ないと思いますし、WordPress の表記は消しても良くて、テーマはダメだというわけでもありません。

テーマ作者の「表記を消してはいけない」という注意書きは、個人的なお願いの範囲であり、GPL ライセンスのもとに強制されるものではありません。ライセンスに基づき、消しても法的に問題がないかどうか?というと、厳密には良い、ということになりますが、その意向を尊重するかどうかは利用者のモラルに照らし合わせた判断によってくるかと思います。

また、他の人の作ったテーマにそのまま自分の著作権クレジットを入れるというのは GPL ライセンスとはまた別に、事実に反する表記という意味で問題であると思いますので、コンテンツの著作権、サイトのテーマの著作権などに誤解が生じないような配慮は必要だと思います。

まとめ

  • GPLの「著作権を保持したまま」というのは、HTML上にそれが見えなければいけないわけではない。
  • テーマファイルであれば、著作権表示をCSS内に書いておくのも「著作権を保持したまま」に含まれる。
  • GPLライセンスが適用されているテーマであれば、「表記を消してはいけない」という注書きは、あくまで個人的なお願いの範囲であり利用者のモラルが問われる箇所である。
  • コンテンツとテーマの著作権保持者が別であり、別々に表記したい場合は、誤解の生じないような配慮が必要。

という事でした。
このフォーラムのスレを見て「フォーラムで質問するのもコントリビュートだな」と改めて実感しました。