Loading...

ConohaでCentOSを使ってwebサーバを構築する【表示編】

[code language=”bash”]
# Apacheを起動
systemctl start httpd

# Apacheの自動起動を有効化
systemctl enable httpd

# ファイヤーウォールの設定を見る
firewall-cmd –list-all

# httpの通信を有効化する
firewall-cmd –add-service=http –zone=public
[/code]

ConoHaでCentOS7.1入れてウェブサーバ建てた備忘録(2) – shuto_log.aep

ConohaでCentOS7.2にMySQL5.7をインストールしてパスワードを変更する

ConohaでCentOS7.2のサーバを立てて、MySQL5.7をインストールして、パスワードを変更するまでの備忘録です。

初期の設定ではパスワードを設定する時のポリシー (validate_password_policy) がHIGHになっていて、大小英字と数字と記号をそれぞれ含めなければ設定できません。
今回は諸事情で英数字のみのパスワードに設定できるようにしなければいけなかったため、設定の変更をしました。

MySQL

[code language=”bash”]
sudo rpm -ivh http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm

sudo yum install -y mysql-community-server

# ログインしてみる
mysql -u root -p

# パスワードの初期値を見る
sudo cat /var/log/mysqld.log | grep ‘temporary password’

# パスワードの変更をする
mysql_secure_installation

# 次こそログイン
mysql -u root -p

# パスワード設定を確認
mysql> SHOW VARIABLES LIKE ‘validate_password%’;

# 諸事情によりvalidate_password_policyをLOWにする
mysql> SET GLOBAL validate_password_policy=LOW;

# 好きなパスワードに変更
mysql> set password for [email protected]=password(‘myfavpassword’);

[/code]

PHP7

[code language=”bash”]
yum install epel-release

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

yum install –enablerepo=remi,remi-php70 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd
[/code]

php-fpm

[code language=”bash”]
sudo yum –enablerepo=epel,remi,remi-php70 install php70-php-fpm

[/code]