Loading...

Publish More…

これから「一日一投稿」を目標に毎日記事を書いていきます。
脈略のない駄文ですが、書く事が目的なのでご了承ください。

WordCamp Tokyo 2015

本日、WordCamp Tokyo 2015のティザーサイトが公開されました。

WordCampとは世界シェアNo.1のCMS「WordPress」の普及と情報交換を目的として、ユーザーやデザイナー、開発者が集まるイベントです。

2006年にサンフランシスコで、WordPressの生みの親であるMatt Mullenweg(マット・マレンウェッグ)が開催し、現在では48カ国で開催される大きなイベントとなりました。

今年、日本で開催されるWordCampは二つです。
7月25日-26日に開催される「WordCamp Kansai 2015」と10月31日-11月1日に開催される「WordCamp Tokyo 2015」。
WordCamp Tokyo 2015には、実行委員長として参加します。

5月に主催者(委員長)として開催をするプロジェクトが発足し、2ヶ月の準備期間を経て無事に開催情報を公開する事ができました。
開催決定から情報公開までに一緒に頑張ってくれた実行委員会のスタッフと WordPress Foundationの皆様に、心から感謝いたします。

More Publishing

WordCampは、さまざまな地域で異なるテーマを掲げ開催されています。
今年のWordCamp Tokyoでは、より多くの人に「発信」する事の楽しさを伝え「もっと何か発信したい」と思えるようなイベントを目指します。

僕が初めてウェブサイト(ホームページ)を作った時はとても感動し、同時に「世界中でこのサイトを見れるのか!」と興奮しました。
この時に感動または興奮した理由は、小学生が自分の言葉で世界中(インターネット上)に情報を発信(公開)した事だと思っています。

「全ての人(貧富・世代・国)が場所やデバイスに縛られずに情報発信ができる世界」というWordPressがミッションを知った時に、ウェブサイトを初めて作った時の感動や興奮と同じようなものを感じました。
感じたというよりも、思い出す感覚に近かったと思います。
その時、「だから僕はWordPressが好きなんだな」と気付きました。

WordPressは、そんな「情報発信」を貧富の差、老いも若きも、国境も超えて手軽におこなえる世界をつくろうとしています。

そして「情報発信」を多くの人へ広く伝えるためのノウハウや技術も広い範囲のユーザーへ届けられるイベントにしたいと思っています。

テーマについては少々長くなってしまうので、後日じっくり書く予定です。
今日はこの辺で。